淋病

性感染症の種類:淋病(淋菌感染症)(Gonorrhea)

・クラミジアに次いで多い性感染症

淋菌により性行為などで感染し、クラミジアに次いで多い性感染症です。

女性の感染者の場合
自覚症状がなく、気づかないうちに感染源となる可能性があります。 子宮頸管炎や卵巣炎、骨盤腹膜炎等の症状を引き起こします。

男性の感染者の場合
自覚症状があり、尿道に症状がでます。 尿道炎・尿道痛・性器から膿が出る等の症状を引き起こします。

男女共、感染により引き起こされた症状により不妊症になる可能性もあります。
また淋菌が血中に侵入した場合、様々な症状(関節炎・心膜炎・髄膜炎など)を全身に引き起こします。


・性行為による感染率が高い

淋病は、性行為で感染する確率が約30%と高く、コンドーム着用で感染リスクを軽減するでしょう。
クラミジアと同じように、様々な感染を引き起こします。
1.口中に感染..咽頭炎..自覚症状がない場合がある、風邪のような症状
2.目の粘膜に感染..結膜炎、新生児の結膜炎(分娩時の産道感染)
3.肛門の痒み・痛み等..肛門性交により感染し、直腸炎を引き起こす

性行為以外にも衣類やタオルなどからも感染する可能性がありますので、感染者との共有はさけられるといいでしょう。


性病の種類


当クリニックの診療科目