性病について

性病(性感染症)について


性病(性感染症)とは何か

性病とは広義には性的な接触によって感染する感染症全般を指しますが、狭義では1945年に性病予防法で定められた淋病(りんびょう)、梅毒(梅毒)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)の4つの細菌による疾患をいいます。これらは近年は減少傾向にあり、上記の細菌性疾患である性病に代わって増加傾向にある疾患がウィルスなどの細菌以外の病原体によって発症する、クラミジア、ヘルペス、コンジローマ、HIV感染症などです。
ですので性病という言葉に代わってもっと広い意味での「性感染症」という言葉が広く使われるようになってきています。
性病とは何らかの性行為により感染することが多い病気です。ここでいう性行為とは通常の性行為だけではなく、キス、オーラルセックス、アナルセックスなども含まれます。ほとんどの場合、粘膜と粘膜の接触でうつりますので、単に同じ蒲団に寝ただけだとか、一緒に入浴しただけだとかではほとんどうつりません。他の感染経路は輸血など医療行為、注射器の使いまわしによる血液感染、母子感染などがあります。感染部位は性器内部、性器周辺、口腔、喉などです。