京都市左京区の肛門科、性病科、泌尿器科の山添医院

痔一般について

性病について

ピアスについて

腰痛

ED薬 バイアグラ、レビトラ

性病に関するQ&A

性病Q&A

Q1.尿道から膿のようなものが出ます。コンドームをつけていましたし、うつされた記憶はないのですが性病でしょうか。

A-1
いわゆる本番の時に、コンドームをつけていても性病になる可能性は十分にあります。男性性器が勃起する前には当然コンドームをつけていないはずですし、この時に女性性器と接触があったり、口との接触(オーラルセックス)があると性病は感染します。これと同じ理由でいわゆる本番をしていなくても、口による接触があれば感染します。クラミジアや淋菌による感染の可能性が大なのできるだけ早く泌尿器科の診察を受けて下さい。

Q2.ペニスの先に何かしこり(ただれ)があります。私はうつされるようなことは全くしていないのに性病の可能性があるのでしょうか。

A-2
直接の性行為がなくても性病にかかる可能性はいろんな場面であり得るので、性病でないということはご質問の内容からだけではわかりません。本当にうつされるような機会がないのであれば、そのしこりは性病とよく間違われるできものかもしれません。性病でないのにしこりやただれができる病気はいろいろあり、それほど珍しいものでもありません。このような場合はそれほど心配はありません。あまり怖がられずに一度診察を受けて下さい。性病の場合は放っておくと知らない間に進行してしまう場合があります。性病でしこりがいったん消えてしまう場合も良くありますので、しこりやただれが消えてしまったから大丈夫だという自己判断はあまりよくありません。

Q3.尿道炎の症状があり、近所の病院で性病であると診断されました。彼女には全く症状がないのですが、彼女もお医者さんに行かなければなりませんか。

A-3
これは必ずお医者さんに行くように伝えて下さい。行かれる科は婦人科や性病科でいいとおもいます。女性の場合自覚症状が全くない場合も多く、この場合知らない間に病気が進行して不妊症や腹膜炎などの合併症をおこす場合があるからです。またあなた自身だけを治療していてもまた彼女からうつされることにより再び感染したり、難治性になったり、前立腺炎や副睾丸炎などをおこして男性不妊となる場合もあるからです。キャッチボールのようにうつしあう可能性があるので、二人で同時に治療を受けられることが大切です。

Q4.尿道の先から少し分泌液があるようですが、膿ではないようです。お医者さんに行かねばならないでしょうか。

A-4
尿道から液がでるからといって、性病であるとは限りません。しかしクラミジア性尿道炎などは症状が軽い場合があり、もしごくわずかでも性病の可能性があるならばきちんとした診断を受けられた方が良いと思います。最近ではごくわずかな量の遺伝子を検出する鋭敏な検査がおこなわれるようになり、クラミジアも大部分が検出できるようになってきました。100%確実な検査とは言えないのですが、一度専門医で検査を受けられることが大切です。

Q5.尿道炎だとおもうのですが、以前同じ症状で受診した時に尿の出口から細い棒をつっこまれて非常に痛い思いをしたことがあり、2度とかかりたくありません。どうしたらよいでしょうか。

A-5
以前はクラミジアなどを検査するときに、細い綿棒のようなものを入れてこすることで尿道の中の上皮をけずりとり、検査をしていました。この方法は現在でも行われており、非常に有効な診断方法なのですが、確かに痛い方法です。そこで最近では尿の出始めの部分約10mlを遺伝子的な検査をするだけでほぼ同等の結果が得られる方法が行われるようになってきました。この方法だと先のような痛みがありませんので、あまり怖がらずに気楽に早めに診察を受けられることが大切です。

Q6.近所のお医者さんで尿道炎だろうと診断され、お薬をもらったら3日で良くなったのでやめました。これでよかったのでしょうか。

A-6
尿道炎には淋菌性のものとクラミジア性のものがあります。クラミジアによる尿道炎は淋菌による尿道炎よりも症状が軽い場合が多いです。いずれにしても症状がないからといって勝手にお薬をやめてはいけません。完全に菌がいなくならない限り、あなた自身は人にうつす可能性がありますし、あなた自身も前立腺炎や副睾丸炎をおこし不妊になる可能性もあるからです。通常はそれぞれの病原菌に対して効くお薬さえ飲めば、長くても2週間で治ります。最後まできちんとお薬を飲むことが重要なのです。またちゃんとしたお医者さんなら、淋菌性かクラミジア性かを調べておられると思います。治ったと思われた後で、ある程度の期間をおいてから、完全に治っているかをチェックしてもらうほうが良いと思います。

Q7.性病を予防する方法を教えて下さい。

A-7
残念ながら性行為をする以上、性病を完全に予防することはできません。当たり前ではありますが、自分が性病でなく、かつ性病でない一人のパートナーだけと行うのであれば、性病にはかからないと考えて良いわけです。そうではない場合は、風俗店であろうと一般の異性とであろうと、完全には予防できないと考えるのが正しいことになります。特に最近は風俗以外での感染の方が増加しています。ですからそのようなことは行わないというのが一番というのは間違いのない事実です。しかし現実にはそうでない相手とでも、性行為をする場合があるとは思いますので、この場合について私見を述べてみます。まず自分の口や性器に、相手の口や性器や粘液を直接は接触させない、特に陰部への接触はコンドームをつけたあとにしてください。コンドームは勃起するまではつけにくいですから、勃起は自分でコントロールするか相手の粘液などのついていない手で行ってもらう必要があります。すなわちいわゆる生尺やクリニングスは厳禁です。もちろん自分の口で相手の口や性器をなめたりするのもよくありません。というのは口腔内に感染する性病もあるからです。性病(梅毒、淋病、クラミジア)の治療に使われる抗生物質を直前に飲むこと(予防的な投与)は、それらの病原体に対してはある程度有効な可能性もありますが、確実な有効性が証明はされている訳ではなく、保険も効きません。また接触があった後に、十分に性器や口をシャワーなどで洗浄したり、排尿をしておくことは感染を起こす可能性を少しは低くできると思います。

京都市市左京区 山添医院
外科、肛門科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、性病科、生活習慣病、メタボ、痔の治療、腰痛治療、ピアス、プロペシア バイアグラ、レビトラ、シアリス処方など



トップページ痔について痔核について痔核の治療痔瘻、肛門周囲膿瘍について肛門周囲膿瘍と痔瘻の治療裂肛について性病について痔に関するQ&A性病の種類性病の診断性病の治療性病に関するQ&Aピアスについて腰痛の治療腰痛の治療腰痛の予防方法ED薬理学療法士募集看護師募集アクセス地図